So-net無料ブログ作成

IM5を脱退したダルトンが残したメッセージ全文和訳 [洋楽]

The vast majority of my 3 1/2 years with the guys were amazing.
We had good times, bad times, great times, and horrible times
but always stuck together like brothers.
Leaving them was one of the two hardest decisions I've ever had to make
(the other was leaving my family, friends, band mates in Texas when I was 14)
3年と半年の間だったけど、IM5としてメンバーと過ごせたことすごく楽しかったよ。
良い時も悪い時も、最高の時も最悪の時もあったけど
いつもみんなで兄弟みたいに支え合って来た。
IM5を脱退するっていう決断は、今までにした大変な決断の2つの内の一つだよ。
(もう一つは、14歳の時に家族やバンドメイトを残して地元を離れたこと。)


So, now you're probably asking "Then why'd you leave?"
そこで、みんなが聞きたいのは「なんで脱退するの?」ってことだよね。

To give a little history,
I was diagnosed with Bi-Polar disorder when I was 9 years old.
Luckily,
I have incredible doctors and have been treated well for my disorder for years.
Unfortunately, Last February, I had some problems dealing with my B-P and
ended up being hospitalized in Dallas for awhile.
During this time period the boys continued on with out me
for a couple months while I recovered.
(You'll notice I'm not in any videos or pics with the guys
from Feb through May in 2013)
まぁちょっとしたいきさつがあって、
僕は9歳の時に”双極性障害”と診断されたんだ。 ※双極性障害=躁うつ病
幸い、腕の良いお医者さんがついてくれて数年間は上手く病と付き合って行けたんだ。
でも去年の2月、症状が悪化してしばらくダラスの病院に入院することになったんだ。
僕が療養中の約2か月間、僕がいない状態でIM5は活動を続けていたんだ。
(2013年の2月から5月の間はテレビや写真を見ても僕がいないのを確認できると思うよ。)


It's important to know that I don't tell you this for attention or sympathy.
It's a part of who I am and I'm not ashamed or embarrassed of it.
同情して欲しいとかじゃなくて、ただ知っておいてもらいたいんだ。
これも僕の一部だということを。でも決してそれを恥じているわけじゃない。


Those few months were some pretty dark times.
My medication was changed and I experienced some fairly serious side effects.
The Abilify, for instance,
made me extremely tired no matter how much I slept at night
and made me gain an extra 25 pounds I wasn't expecting.
Honestly, I was just in a funk and couldn't seem to get out of it.
療養中の間は、本当に地獄のような暗い日々だった。
薬がいろいろと変わって、それに伴っていろいろな副作用もあった。
例えば、アビリファイという薬は昨夜いくら寝てもとてつもない倦怠感に襲われるんだ。
それに自分が予期していないのに体重が11㎏も増える。
正直あの時は、憂鬱な気分に浸って、どうしても抜け出せそうになかった。


During that period in my life, the boys were extremely supportive
and I'll always be grateful to them for helping me through that rough patch.
However, I began to realize things were going to have to change
if I wanted to truly get healthy.
そんな時でも、メンバーは懸命に僕をサポートしてくれて
元気づけてくれたこと、今でも感謝しているよ。
でもそれと同時にこのままではいられないこと、気づいていたんだ。
本当に克服したければ、決断しなくちゃいけないということを。


I struggled for close to 9 months,
wondering what the best answer was for me and my future,
all the while communicating with management
that I was considering moving on from IM5.
The guys were made aware of my thoughts towards the end of last year.
Again, both management and the guys were very supportive
and their main concern was for my health and over all happiness.
僕の闘病がおよそ9か月を経とうとしていた頃、
自分にとって最良の答えは何か、真剣に考えたんだ。
それで、僕はIM5を脱退した方がいいんじゃないかって結論に達した。
メンバーたちも、年末になるにつれて薄々気づいてみたいだね。
そしたらまたマネージャーさんやメンバーたちが元気づけてくれた。
彼らの親切は僕の癒しであり、幸せでもあった。


As hard as this decision was for me,
I know it was hard on the guys as well.
There were days I thought I could keep going
and days I didn't want to get out of bed.
So, I did what I've always done to help me get through tough times
and started writing.
決断するのはすごく勇気がいったよ。
メンバーたちにも辛い思いをさせていることも分かってた。
「きっとやっていける」と思える日もあれば、
ベッドから一歩も出たくないと思う日もあった。
僕はいつも辛い時は書き物をして乗り越えてきたから、
今度はそれを作詞という形で表してみたんだ。


Finally, in the process of writing dozens of songs,
I realized the music was taking me in a different direction.
I also realized it wouldn't be fair to the 5ers,
the IM5 team and most importantly myself if I continued on with IM5.
それから僕は12の曲を書き終えることに成功した。
そして音楽は何も演奏するだけじゃなく、作詞家としても関われることに気付いたんだ。
でも、IM5として関わり続けるのには無理があるってことも実感した。


Now... I'm excited for IM5 and their future.
As a founding member of the group, I will always be there to support them.
I also hope you welcome the newest member and show him the same love
and respect you've shown to me for the past 3 years.
Although I may not know him,
I will consider him family as well
and can't wait to see what the future holds for them.
今となっては、IM5の将来がすごく楽しみだよ。
結成当時のメンバーとして、これからもIM5を応援し続けていくつもりだし
僕に遠慮せず、新しいメンバーを迎え入れて欲しいと思う。
そして僕にしてくれたのと同じように、彼を受け入れて認めてあげて欲しんだ。
それが誰なのかは僕は知る由もないけどね。
家族みたいに仲間に入れてあげて、円満に活動してくれることが僕の願いなんだ。


As for me, I've never been happier and I'm excited about the future.
I've decided to record many of the songs I've written over the past few years.
The album will tell a story.
(I'll leave it to the listeners to decide what the story line is about)
I've reunited with my childhood friend
and former band mate Hunter Lucas
and we've reassembled our old band, Fly Away Hero.
The album will be released late summer/early fall.
In the mean time, we'll being playing a bunch live shows
and releasing a few new singles. So stay tuned.
僕としては、あまり良い気分じゃないけど将来のことを考えると気持ちが楽になる。
今までに作った曲を世に売り出そうと考えてる。
アルバムが完成したら、僕のことがよく分かると思うよ。
前のバンドメイトと再会したり、音合わせしたりなんかして順調に進んでるよ。
そのアルバムは夏の終わりから初秋にかけて発売される予定なんだ。
そのうちライブとかもするだろうしシングルも出すだろうから応援よろしくね。


I do hope this puts an end to all the rumors.
これでやっと噂を払拭できたかな?

To the guys and the IM5 team,
I love you guys. If I've hurt you in anyway, I sincerely and publicly apologize.
IM5のメンバーとその関係者の皆さん
みんな大好きだよ。脱退して悲しませてしまうこと、心から謝ります。


To the 5ers,
Thank you for all your support over the years.
You're incredible and I'll always love you and never forget you.
ファンのみんなへ
数年間の間だったけどみんなの応援ありがとう。
最高のファンだったし、僕もみんなのことが大好きだ。これからも決して忘れないよ。


To the nobodies,
There aren't words that can describe my feelings for y'all.
You guys are my heart and my soul.
You're the reason I get out of bed and face the world everyday.
You're my friends and my love for you is infinite.
みんなへ
僕の気持ちをなんと言い表したらいいのか分からないけれど
みんなは僕の心であり、魂でもある。
そのおかげでベッドから起き上がれるしちゃんと現実と向き合えるんだ。
みんなに対する愛は無限大だよ。


Sincerely,
Dalton Rapattoni
心を込めて
ダルトン・ラパットーニ



【あとがき】
ううぅ…なんか泣けてきたよダルトン…(´;ω;`)
まさか闘病してるとは夢にも思わなかった。
前のバンドに戻ったから音楽性の違いかな?くらいに思てたよごめんね。
今まで脱退理由についてさして気にも留めなかった私ですが
数年越しに衝撃の事実が発覚しました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
こんなに辛かったんだね…ダルトン。
病気はまだ治ってないみたいだし、たくさん辛いこともあると思うけど
Fly Away Heroでダルトンの元気な姿が見れるだけでも嬉しいよ。
私にできることは少ないけど陰ながら応援しています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。